Romaの応援歌
c0005954_1544818.jpgOlimpicoは、ASromaのホームスタジアムです。
Romaの試合は、2週に一度このホームOlimpicoで行われるのですが、ホームでの試合の際(Campionatoの時だけで、CLとかは別。)、必ず、選手紹介の後に、自身も熱烈なRomanistaであるAntonello Vendittiの『Roma Roma』が流れます。
この時、Tifosi達は一同に立ち上がり、各々シェルパなどを両手で高々と広げ大合唱するのですが、これがスタジアム全体を独特の雰囲気で包み込みます。

私も覚えて、今では一緒に歌っているのですが、ただ普通に観戦していた時より、選手達、Tifosi達と一体感が得られたみたいで、なんだかちょっといい気分~。覚えたての歌を、始めてOlimpicoでみんなと歌った時、日本人が熱唱!?しているのを見た隣のおじさんたちが、君はローマファンなのか!そーか!そーか!その歌、誰から教わったんだ?と妙に喜んでくれたことを、Olimpicoへ行く度に思い出します。
Olimpico観戦の際は、ぜひ一緒に歌ってみてくださいねー。
因みに。。。
Romaが勝った試合の後は、同じくAntonello Vendittiの『Grazie Roma』が流れます。
Romanistaとしては、この曲を聞く事ができる試合が多くなればなるほどサイコーなのですが。。。

とても素敵な歌詞なので、ここでちらっとご紹介。
(っと、スペルがうる覚えなので、後日Grazie Romaと2曲、きちんとUPします。)

『Roma Roma』

Roma Roma Roma
Core de sta citta`
Unico grande amore de tanta e tanta gente che fai sospira`

Roma Roma Roma
Lasciace canta`, da sta voce nasce un coro so centomila voci
c'hai fatto innamora`

Roma Roma bella
T'ho dipinta io, gialla come er sole rossa come er core mio

Roma Roma mia
nun te fa incanta` tu sei nata grande e grande hai da resta`

Roma Roma Roma
Core de sta citta`
Unico e grande amore de tanta e tanta gente m'hai fatto innammora`

(訳)
ローマ、ローマ、ローマ
この街の心よ
多くの人たちを虜にするたったひとつの偉大なる愛よ

ローマ、ローマ、ローマ
さあ、歌わせておくれ
ひとつの声から十万の大合唱が生まれ、私たちは恋に落ちる

ローマ、美しきローマ
私があなたを染めたのだ
太陽のように黄色く、そして我が心のように赤く

ローマ、我がローマ
決して惑わされてわならない
あなたは生まれながらにして偉大であり、永遠に偉大であり続けるのだ

ローマ、ローマ、ローマ
この街の心よ
私を恋の虜にした、多くの人たちのたったひとつの偉大なる愛よ

『Grazie Roma』

Dimmi cos’e
Che ci fa sentire amici anche se non ci conosiamo
Dimmi cos’e
Che ci fa sentire uniti anche se siamo lontani
Dimmi cos’e cos’e
Che batte forte forte forte in fondo al cuore
Che ci toglie il respire
E ci parla d’amore

Grazei roma
Che ci fai piangere, abbracciarci ancora
Grazie roma
Grazie roma
Che ci fai vivere e sentire ancora
Una persona nuova

(訳)
それは何?
例えば、初めて出会った人でも友達と感じさせてくれるもの
それは何?
例えば、遠く離れていても君を近くに感じさせてくれるもの
それは何?何なのだろう?
僕の心の奥深く、強く波打つもの
魂を揺り動かして
愛を語りかけてくれるもの

ありがとうローマ
涙とともにもう一度抱きしめてくれて
ありがとうローマ
ありがとうローマよ
生きている素晴らしさを教えてくれて
もう一度、新しい自分に出会わせてくれて
[PR]
by f360modena | 2004-12-10 02:29 | AS ROMA
<< 今日、12月14日は。。 Firenzeの素敵な人 >>