<   2004年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
lo stadio san siro
c0005954_1520585.jpg

12月19日(日)san siroにて、Inter-Brescia戦を観戦して参りました。
イタリアへ行くのは、ASローマの応援に!と自ら言っていたはずなのに。。
でも、どうしても今回Romaに行く日程が組めなかったのでした。。(T-T)

そんな時、Milanoに住んでるお友達のY子さんから、
『今度のインテル戦、私、お仕事で行くことになったのだけど、
Abbonamentoのシートが余分にあるから、一緒に行かない?Roma戦じゃないし、ただでいいよー!』
と、誘っていただいたのでした。
その時、Firenzeにいた私。
『ほんとにー!!行く!行く!すっごい楽しみ~。ありがと~♪』と、迷いなく返事してしまいましたとさ。。(^^;
だって、やはり一度はsan siroも見ておきたかったんですもの。
だからといってローマのことを忘れた訳ではないですよ。
san siroから常に心はローマの応援致しておりました!!

なぜならば。。その日Olimpicoでは歴史的な瞬間がありましたよねー。
そうです!我らがローマの王子Tottiが、
プルッツォを抜くローマ歴代最多(107)ゴールを決めてくれたんです。
さすが王子ー☆
san siroでも、他の試合状況が逐一電光掲示板に表示されるのですが、
ローマに得点が入る度(この時のRoma-Parmaは5-0だった。)、
表示される掲示板を見た青黒のTifosi達が、
あーTottiか!今度はCassanoか!とため息ついておりました。(^-^)v

Inter-Brescia戦に関しては、素人目にみてもあまりよい試合内容だったとはいえず。。
特に、ボボのやる気のなさにはびっくりしました。
身体ばっかり大きくてもねぇ。。。
アドリアーノは、敵ながらちょっぴりかっこいいな~なんて思ちゃいましたが。。
それより、この時の試合の主審、あのコッリーナさんだったの!
私的には、それが一番の見所!?楽しかったかな~!?

そうそう、話はかわりますが、ここで観戦グッズに関して。

コンクリートうちっぱなし状態のスタジアムで、
硬いシートにずーっと座っているのは、辛いもの。。特に冬の観戦は、更に寒さという辛さが増しますよね。
そんな時、大抵のTifosi達が持参しているグッズがあります。
(どのスタジアムでも、結構みんな持っている。)
それは、折りたたみ式ミニ座布団です!
イタリア人は、もちろん座布団とはいいません。
商品名:"cuscino stadio"(スタジアム用クッション)そのままですね。(笑)
(因みにリンクは、残念ながらユベントスのものしかなかったので、とりあえずこんなものだという参考に。)
しかもこれ、各々のチームカラーになっていたり、チームのマークがついていたりして、とてもかわいいの。
このチームカラー座布団持ってると、
あー彼はどこどこのファンで、これから観戦に行くのね~って、すぐわかっちゃうという代物でもあります。

チームごとの応援グッズというと、一番メジャーなのはマフラーですよね。
その他、ユニフォームのレプリカ着たり、Tシャツ着たり、旗振ったり、
でも、このチームカラー座布団ならスタジアム観戦時の実用面も兼ねているので、
かなーり便利&お得!優れモノです。
もちろん、私もGiallorosso(赤黄)カラーの持ってます。
ということで、私のお薦め観戦グッズでしたー。
[PR]
by f360modena | 2004-12-28 15:21 | Calcio
チーム名と都市名の区別の仕方って??
イタリアのサッカーチームのほとんどが
都市や州の名前とチームの名前が同じことが多いですよね。
例えば、ローマといった場合、
都市の名前のローマなのか、サッカーチームの名前のローマなのか、
それだけ出てきたらわからないですよね。
もちろん話している内容で、
『昨日、ローマに行きました。』といえば、たぶん都市の名前だし、
『昨日、ローマの試合を見たよ。』といえば、チーム名だと単純に想像できますが、
イタリア語では簡単にそれを目に見える形で区別しています。

例えば、
Roma』と単に名詞だけだと ⇒ 都市の名前
La Roma』と定冠詞+名詞だと ⇒ チームの名前
となります。

もう少し細かく言うと、
イタリア語には女性名詞、男性名詞の2種類があり、
女性名詞の定冠詞はla、男性名詞の定冠詞はilになります。

<都市・州の名前>    <チーム名>
  Milano           il Milan
  Lazio            la Lazio

など。。

(都市や州の名前でない例外)
  la Juventus
  l'Inter

など。。
[PR]
by f360modena | 2004-12-27 18:32 | La lingua italiana
ワンポイントRomano講座
c0005954_17261388.jpg
もしもローマで、東京で、Giallorossi達に会ったりなんかできたなら、サインもほしいし、可能なら写真なんかも一緒に撮ってもらいたいですよね。
そんな時、普通のイタリア語で話し掛けても能がない。
どうせなら、Romano(ローマ弁とでもいうのでしょうか!?)で話し掛けてみましょう。
日本人がRomano話してるのか!?って、giocatore達もきっと気になって、足を止めてくれるかも!






まずは。。。

①相手を誉めて振り向かせましょう。(イタリア人は誉められるの大好き!なので、反対に誉め上手でもあります。)
 ber pischello!(直訳すると、イケメン。って今どき言うのかしら!?あまり深く考
  ベル ピスケッロ    えずにかけ声として。)
 Sei n' ber pischello.(あなたって、ほんとにかっこいいのね。)
   セイ ウンベル ピスケッロ

②スタジアムなど遠くにいて声に振り向いてくれたら
  Vie' qua! (So' qua!) (こっちに来てくださーい!)
   ヴィエ クア  
  Te prego!(お願ーい!)
   テ プレゴー

③そして、サインや写真をおねだりする。
  Me fai n'a firma. (サインしてくれますか。)
   メ ファイ ナフィルマ
  Me fai n'autografo.(サインしてくれますか。)
   メ ファイ ナウトグラフォ

  Posso fa` n`a foto co'te?(一緒に写真を撮ってくれませんか?)
   ポッソ ファナ フォトゴッテ?

④最後にお礼をいいましょ。
  Grazie. Te vojo bene assai.(ありがとう。ほんとにあなたのことが大好きです。
      テ ボヨ ベーネ アッサイ            大ファンです。)
[PR]
by f360modena | 2004-12-26 23:00 | La lingua italiana
Natale

21日、イタリアより無事帰還致しました。
今回は、Firenze3泊、Milano2泊とかなりタイトなスケジュールだったのですが、
内容充実!とても楽しく過ごしてきました。

この時期のイタリアは、どこへ行ってもNatale(X'mas)ムードでいっぱいです。
東京にあるみたいな豪華で派手々しいものはないのですが、
街中、イルミネーションされています。
とっても素敵なんです。

c0005954_18275369.jpg

[PR]
by f360modena | 2004-12-23 23:00 | Italia
Paola
渡伊する時はいつも、Paolaのお家に泊まっています。
彼女は、ほんとに豪快で細かい事を気にしない、とにかく明るいitalianaです!
だからお友達もたくさんいます。私もPaolaが大好き。

もちろん今回もPaolaのお家に滞在したのですが、
ここでもまた家中Nataleの飾り付けでいっぱい。
全部Paolaひとりでやったのだそうですが、
とってもセンスがあってかわいいツリーに感動しちゃいました!
c0005954_2325779.jpg
c0005954_233699.jpg


[PR]
by f360modena | 2004-12-23 23:00 | Italia
Pappa al pomodoro
c0005954_2313062.jpg
以前にもご紹介したお料理なんでもこい!のHitomiさんの作ってくれるメニューで、
最近の私のお気に入りは、『Pappa al pomodoro』。
これは、ヨーロッパ版『おじや』みたいなもので、
お腹にやさしく、なお且つおいしい!お料理です。

かなり簡単に説明すると、フレッシュトマトを使ったトマトのソースの中に、
古くて硬くなったパンをちぎって入れ、コトコト煮込んだものです。
こう説明しても、いったいどういう味だか!?って感じですよね。
作り方はとっても簡単!
レシピをご紹介しますので、この年末年始、お雑煮などに飽きたら、
ぜひ一度作ってみてくださいね!

【 Hitomiさん直伝・特製レシピ&作り方 】

<材料:6人分>
・パン(硬くなったイタリアのパンorフランスパン)・・・250gくらい
・完熟トマト(ホール缶でも良い) ・・・7個くらい(缶詰なら1缶)
・ニンニク ・・・ 一片
・玉ねぎ ・・・ 中半分
・人参  ・・・ 10cm
・セロリ  ・・・ 10cm
・イタリアンバジル ・・・・5枚くらい
・オリーブオイル ・・・・ 大5杯くらい
・塩・胡椒 ・・・ 適宜
・水  ・・・ 500-800cc
・チキンヴィオン ・・・小 1弱

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<準備>
・パンは小さく(一口大くらい)に切っておく
・トマトは湯むきにし、八つ切りくらいにしておく(トマトの水気も種も捨てない)
・ニンニクの皮をとり、包丁の背でつぶしておく
・玉ねぎ、人参、セロリ は全て一緒にフードカッターで細かくみじん切り(玉ねぎだけでも良い)


1・厚手の浅鍋(土鍋が良い)にオリーブオイルと潰したニンニク、玉ねぎ、人参、セロリを入れて弱火にかけ、
オイルにニンニクの香りが移ったら取り出し(取り出さないでそのまま使っても良い)
野菜類は火が通るまで焦がさない様に炒める。

2・(1)に切ったパンを入れて少し炒め、お水を入れて強火にし、パンをほぐす。
なるべくパンの固まりが無いようにした方が口当たりが良い。

3・沸騰したら弱火にし、パンが水気を吸って柔らかくなってくるまで煮込む(15分くらい)
  途中水気がなくなったら水(お湯)を加える。
  *水気は、御雑炊のようなひたひたの感じ。

4・(3)に小さく切ったトマト、チキンヴィオン、塩・胡椒少々を入れ、焦げ付かない様に時々かき混ぜながらト
マトの固まりが無いように30分程煮込む。
 *煮込むので、塩胡椒、チキンヴィオンは少なめ、薄目の味付けにしておいて、最後に再度、味を整えると良い。

5・火を消して、バジルをそのまま入れて混ぜる。

*翌日の方が更に美味しい。
*冷蔵庫で4-5日保存できる。
[PR]
by f360modena | 2004-12-23 23:00 | La cucina italiana
andro`al'italia!
c0005954_15514436.jpg

明日から、またまたイタリアへ行ってまいります。
今回は、Chiantiへ行ったり、サッカーの試合見たりと、
短期間ですが、いろいろ楽しんでこようと思います。
この時期はNatale(X'mas)だし、きっとイタリアは素敵だろうな~。
Romaのどこかで王子に会えないかしら??せめてDe Rossiでも。。って、その辺の道端歩いてないだろうな。。(笑)
ではでは、行ってきま~す☆
[PR]
by f360modena | 2004-12-14 15:51 | Italia
今日、12月14日は。。
赤穂浪士の討ち入りの日です。
毎年この日に、義士の菩提寺である泉岳寺で、『義士祭』が行われ、
墓前供養や献茶式が行われた後、西銀座通リや泉岳寺周辺を有志47人が赤穂義士に扮して練り歩きます。

私の会社は、泉岳寺のすぐ側なのですが、
今日は朝から、付近一帯お祭りムード満載!出店が出ていたり、甘酒振舞われていたり。。
義士祭ツアーなる、観光バスまで来ていましたよ。
外国人観光客も結構いたな。

でも個人的には、もちろん、討ち入りは知っていますが、
然程興味!?って、なかったのが実情だったのですが、
このお祭りに来る人の多さに、ちょっとびっくり!!
赤穂浪士って、世間的には結構人気あるんだな~と、しみじみ感じちゃいました。
ですが、見に来ている人達のほとんどが、お年を召した方々ばかりだったですが。。
c0005954_2311174.jpg

[PR]
by f360modena | 2004-12-14 03:00 | La Notizia
Romaの応援歌
c0005954_1544818.jpgOlimpicoは、ASromaのホームスタジアムです。
Romaの試合は、2週に一度このホームOlimpicoで行われるのですが、ホームでの試合の際(Campionatoの時だけで、CLとかは別。)、必ず、選手紹介の後に、自身も熱烈なRomanistaであるAntonello Vendittiの『Roma Roma』が流れます。
この時、Tifosi達は一同に立ち上がり、各々シェルパなどを両手で高々と広げ大合唱するのですが、これがスタジアム全体を独特の雰囲気で包み込みます。

私も覚えて、今では一緒に歌っているのですが、ただ普通に観戦していた時より、選手達、Tifosi達と一体感が得られたみたいで、なんだかちょっといい気分~。覚えたての歌を、始めてOlimpicoでみんなと歌った時、日本人が熱唱!?しているのを見た隣のおじさんたちが、君はローマファンなのか!そーか!そーか!その歌、誰から教わったんだ?と妙に喜んでくれたことを、Olimpicoへ行く度に思い出します。
Olimpico観戦の際は、ぜひ一緒に歌ってみてくださいねー。
因みに。。。
Romaが勝った試合の後は、同じくAntonello Vendittiの『Grazie Roma』が流れます。
Romanistaとしては、この曲を聞く事ができる試合が多くなればなるほどサイコーなのですが。。。

とても素敵な歌詞なので、ここでちらっとご紹介。
(っと、スペルがうる覚えなので、後日Grazie Romaと2曲、きちんとUPします。)

『Roma Roma』

Roma Roma Roma
Core de sta citta`
Unico grande amore de tanta e tanta gente che fai sospira`

Roma Roma Roma
Lasciace canta`, da sta voce nasce un coro so centomila voci
c'hai fatto innamora`

Roma Roma bella
T'ho dipinta io, gialla come er sole rossa come er core mio

Roma Roma mia
nun te fa incanta` tu sei nata grande e grande hai da resta`

Roma Roma Roma
Core de sta citta`
Unico e grande amore de tanta e tanta gente m'hai fatto innammora`

(訳)
ローマ、ローマ、ローマ
この街の心よ
多くの人たちを虜にするたったひとつの偉大なる愛よ

ローマ、ローマ、ローマ
さあ、歌わせておくれ
ひとつの声から十万の大合唱が生まれ、私たちは恋に落ちる

ローマ、美しきローマ
私があなたを染めたのだ
太陽のように黄色く、そして我が心のように赤く

ローマ、我がローマ
決して惑わされてわならない
あなたは生まれながらにして偉大であり、永遠に偉大であり続けるのだ

ローマ、ローマ、ローマ
この街の心よ
私を恋の虜にした、多くの人たちのたったひとつの偉大なる愛よ

『Grazie Roma』

Dimmi cos’e
Che ci fa sentire amici anche se non ci conosiamo
Dimmi cos’e
Che ci fa sentire uniti anche se siamo lontani
Dimmi cos’e cos’e
Che batte forte forte forte in fondo al cuore
Che ci toglie il respire
E ci parla d’amore

Grazei roma
Che ci fai piangere, abbracciarci ancora
Grazie roma
Grazie roma
Che ci fai vivere e sentire ancora
Una persona nuova

(訳)
それは何?
例えば、初めて出会った人でも友達と感じさせてくれるもの
それは何?
例えば、遠く離れていても君を近くに感じさせてくれるもの
それは何?何なのだろう?
僕の心の奥深く、強く波打つもの
魂を揺り動かして
愛を語りかけてくれるもの

ありがとうローマ
涙とともにもう一度抱きしめてくれて
ありがとうローマ
ありがとうローマよ
生きている素晴らしさを教えてくれて
もう一度、新しい自分に出会わせてくれて
[PR]
by f360modena | 2004-12-10 02:29 | AS ROMA
Firenzeの素敵な人
c0005954_2345748.jpg
Firenze在住のHitomiさんは、とっても大好きなお友達です。
イタリアへ行く度に、いつもお世話になっているお姉さんみたいな存在。
(ちょっと照れるけど、憧れの存在のひとりです。)
彼女は、Centroからバスで10分ぐらいのところにあるすーっごく素敵なお家に、優しくて、おもしろくって、ちょっぴり照れ屋なItalianoのご主人様と2人で暮らしていらっしゃいます。

Hitomiさんは、とにかく何をやっても器用な人で、特にお料理などは手際もよく、和食からイタリアンまで、いつでもパパッとおいしいものを作ってくれます。
先日も、ポルチーニづくしのメニューをごちそうになってきたばかり。
そのお料理のお話は、また次にご紹介するとして。。

もうひとつ、Hitomiさんがやっていることがあります。
それは、ジノリの絵付師さんから陶器の絵付けの勉強をしていることです。

一度、工房を見学に行ったことがあるのですが、
生徒さんは、Hitomiさん以外ほぼイタリア人ばかり。みなさんとても真剣に勉強なさっています。
素人の私にすると、みなさんほんとに上手なので、ちょっとびっくりしました。
だって、どの作品も売り物みたいだったんです。
さすがジノリの誕生したFirenzeの街、芸術の都ですね~。。
絵心の全くない私ですら、なんだかちょっと習ってみたくなってしまいました。
[PR]
by f360modena | 2004-12-10 02:13 | Italia